サンティアゴ・ヴァスケス その1

a0073418_0475466.jpg
やっと、ここまで来ました。サンティアゴの番。
素晴らしいプレイヤーですよ。音色の選び方のセンス、ここぞというタイミングで絶妙なアプローチで入って来る判断と瞬発力、それを支えるテクニックと知識。
アメリカの音楽大学で音楽理論を学んだというインテリでも有ります。しかも、かなりのハンサム・ガイ。更にサンティアゴは、かなり裕福な家で育ったらしくて、立ち振る舞いにも品があります。
クールな2枚目の、、と思っていたんですが、ついさっきまで、、、。

実はさっき、3人に会って、一緒に食事をしてきました。
おおーっ!!!遂に来たかーっ!!!
元気だったか?などと近況を尋ね合い、飯喰いに行こう、と歩き出したら、後ろからそれは聞えて来た。

「ッゲッゲッゲ ポワーン ポワーン クワッ クワッ ッゲッゲッゲ ダガデガダガガ ダガダ ポッポ ンポッポ」

アレとサンティ(今日からそう呼ぶ事にしました。)がユニゾンで大声で歌っている。
勝「なにそれは?」
カブ「彼らのニューソングだそうだ。」
クールな2枚目の、、、ニューソングがこれか、、、。

お店について、飲み物が来て、サンティが言いました。
「ボンサーイ」
全員「カンパーイだろっ!!」


さて、明日からがツアーの始まりです。
楽しみでしょうがない。

皆様、よろしくお願いします。
[PR]
by katsui06 | 2006-06-30 23:45
<< 初日終了。 アレハンドロ その2 >>