カテゴリ:音楽( 10 )

in the Dark

明後日から2日間、「in the Dark」2daysです。

これは完全に会場を真っ暗にして、つまり視覚障害の方と同じ様な環境を作って、音楽を演奏する/聞く、という企画なのですが、
今はその意図からちょっと踏み込んだ「暗闇イリュージョン」のような事に成ってきました。

27日は元Supercar、現iLLのナカコー(中村弘二君)と。
吉祥寺マンダラ2にて。
www.mandala.gr.jp/man2.html

翌日、その企画を初めて東京以外でやる事になりました。
28日は山本精一さんと。
京都shin-biにて。
www.shin-bi.jp/modules/wordpress1/index.php?p=149

その後、3/31には名古屋TOKUZOUで、「ドラびでお+勝井祐二」!!
これ、面白そうですね!

それぞれ、お近くの方は是非お越し下さい。
a0073418_23281225.jpg

[PR]
by katsui06 | 2009-03-25 23:28 | 音楽

お久しぶりです。

このブログ、放置しましたねー。

申し訳ない。
僕の性格のムラッ気が出てしまいました。
一度、昨年のライジングサン・フェスの後に書いてみたのですが、書き込みに失敗してしまい、書き続ける意欲を多いに失ってしまったのでした。

あれから一年、ライジング(ROVO、マルコス・スザーノ+フェルナンド・モウラ+沼澤尚+迫田悠+勝井、中村達也セッション、TWIN TAIL)があり、ROVOのヨーロッパ・ツアーがあり、スザーノ+沼澤+益子+大儀見+勝井でメタモに出演、野音でコンゴのコノノNo1と競演、フェミ・クティ、スライ+ロビーと山中湖で競演、秋にはROVOの国内ツアー等があり、フルカワミキちゃんとか、iLL(ナカコー)とのライヴ/録音に明け暮れ、オニキユウジ君との新作「トーキョー」を作り、世界遺産の録音やライヴ、中村達也君との「TWINTAIL」のライヴ/ツアーもあり、サム・ベネット、鬼怒無月との新ユニットを結成、七尾旅人とライヴ、スザーノ+モウラ+沼澤と年末にセッション、そうこうしているうちにカブサッキがまたも来日して3ステージ共演、ROVOの10周年ライヴ@リキッドルーム、iLL+勝井のCD発売/ライヴ、迫田悠+勝井で京都ツアー、In the Dark with ミト、スザーノ+沼澤尚+迫田悠+勝井でブラジルのPERCPAN Fes参加! の予定が流れ、ARABAKI FesにROVO/フルカワミキで参加、ROVO恒例の5/5の野音はソールドアウト、Rock on the Rock FesにDACHAMBO feat 勝井祐二で出演、等々の事が有りました。

これから夏フェスに向けて、情報等を発信+感想を書き綴って行こうと思っています。
が、あっさり、やめてしまうかもしれません。
こればっかりは、何とも言えませんね。

まぁ、そんな不確かなものだと思って御付き合い下さい。



 
[PR]
by katsui06 | 2007-05-25 05:04 | 音楽

奄美けぃんむんマンディ

奄美けぃんむんマンディ06に参加してきました。

メタモルフォーゼズのオーガナイザー(マユリさん、坂原さん)に誘われて、奄美大島の大和村でのプライベートビーチに3泊4日テント生活。
様々に色んな事が次々と笑い有り涙有り、一日中をビーチで過ごしたあげく、かなり日焼けしています。
藤原大輔とナオちゃん、辻コースケ、旅団のメンバーと「テント村」を作り、にわかサバイバルを実践する事になったわけですが、、、

そこで起きた事。

近所の商店でアミとモリを買う。
が、収穫はゼロ。
ウニや、魚はそう簡単に取れないのだなー、と思う。
近所の商店でパン屋さんの入荷を待って、朝食を確保。
坂本龍一さんと朝崎郁恵さんと出会い、コースケを交えてセッション。
SUGIZO君にも出会う。
「テント村」全員で一つのユニットとなり、1時間演奏。

a0073418_2152396.jpg

ビーチの朝

a0073418_21533413.jpg

ビーチの昼

a0073418_21534595.jpg

ビーチの夕方


さて、明日からROVOで、ポーランドへ出発します。
続きはまた。
[PR]
by katsui06 | 2006-07-18 22:00 | 音楽

終了しました。

ツアーが、終ってしまいましたね。
詳細は、
http://blog.goo.ne.jp/plankton-staff/
で、確認して下さい。

もっと続けたかった、というのが正直な感想です。
とにかく、音を出す事の「ピュアさ加減」を意識していながら、あそこまで無意識の様にやれる、彼らの感性に驚き続けた毎日でした。
もしくは、子供の様に「楽しいから何でもアリなんだ。」という状態をコントロール出来ているセンスとそれを支えるテクニック。それを感じさせない自然な在り方。
この経験は、きっとこれからの自分の音楽にも大きく影響するだろうと思っています。

共演してくれた、UAさん、内橋さん、オオルタイチ君、亀井さん、ウタモさん、大友さん、臼井さん、KEI君、千住君、芳垣さん、岡部さん、益子君、原田君、ありがとうございました。
それから、PA全公演を担当してくれた、まっちゃん aka ZAK。
石坂さん、酒枝さん、三成君、プランクトンの皆様、イーストワークスの皆様、スタッフの方々、松山晋也さん、お疲れさまでした。

(このブログは読んでいないでしょうが)フェルナンド、アレ、サンティ、そして山本さん、またやりましょう。


このブログ、ツアー終了に伴い終るつもりだったのですが、僕個人の旅はまだまだ続くので、その報告をしていく事にしようとも思っています。
皆様、よろしく御付き合い下さい。

7/14から奄美大島へ、7/19からヨーロッパへ、7/27から苗場へ。
[PR]
by katsui06 | 2006-07-10 01:12 | 音楽

初日終了。

遂に始まりました。
面白かったなー。アルゼンチン勢がもの凄く盛り上がっています。
楽屋で、例の「ニューソング」を歌いまくっていて、UAをゲストに迎えた第二部でも、途中でその一部を披露してましたね。
何かというと「ボンサーイ」も飛び出す。

大阪,広島、京都、名古屋の皆様、お楽しみに。

ゲスト出演してくれたUAも楽しんでくれたようです。
お疲れさまでした。ありがとう。

写真はライヴ終了後に撮ったもの。
タイトルは「ブッダ(アレ)とその弟子」
a0073418_1334076.jpg

[PR]
by katsui06 | 2006-07-02 01:35 | 音楽

アレハンドロ その2

a0073418_1748331.jpg
タイトルは「2週間」ですが、もう1週間を切っています。
もうすぐ、ですね。

さて、アレハンドロ(とも、呼びます。)は、スタジオのセッションの最中でも、ライヴ中でも、マテ茶のセットを常に傍らに置いています。これは、アルゼンチンの人の習慣としては珍しく無いはずです。ブエノスではホームレスまで自分のマテ茶セットを持っているのを、見ました。
さらにアレハンドロは何かビニール袋から取り出して、食べている。
「何だろう?」と覗き込むと、「ん!」と一粒くれるんです。
何でしょうねあれは。八角っぽい味の、グミみたいなものなんですが。
これが、結構美味しい。
で、それをライヴの最中も食べていました。もちろん、天使のような笑顔で。

あれ、持って来るのかなー。
もし、アレハンドロがそれを持って食べているのを見かけたら、笑いかけてみて下さい。きっとくれると思いますよ。
[PR]
by katsui06 | 2006-06-27 17:48 | 音楽

アレハンドロ・フラノフ その1

a0073418_9261359.jpg
アレ(と、僕は呼びます。)と会ったのはフェルナンド、ファナ、との3人での、2002年の初来日の時です。何度か一緒に演奏したり、食事をしたり、一緒に過ごす時間が有ったのですが、とにかく笑っているという印象が強く残っている。と言うか、それに尽きるんですね。笑う、と言ってもいつも爆笑しているとか、騒々しい感じではなく、微笑んでいる。もの凄くキラキラした澄んだ目でニッコリとこちらを見ている。とにかく黙って微笑みかけている、天使か妖精のような笑顔で。

と思っていて、後で考えたらその時のアレは英語がほとんど話せなかったんです。
イエス、ノーとサンキューくらいしか解らない。だから黙って笑っているしか無かったのかと思っていたら、半分はそうで、半分は違っていたという事が昨年僕らがブエノスアイレスに行ってわかったんです。
2年振りに再会したアレは(2003年のファナ再来日にも同行していた)、英語が話せる様に成っていた。するとね、よく喋るんです。でも、あの天使のような笑顔は変わらない、どころか、その妖精っぷりが炸裂している。

スタジオで、フェルナンド、サンティアゴ、アレ、モノと山本さんとのセッションの時。
即興でのあるセッションは1時間にも及び、全員の音の会話がようやく収束に向かっている事を感じながら、静かに静かに終っていこうとしている緊張感を皆が感じている。その時、携帯電話が大きな音で鳴り出した。全員、驚きながらも演奏は止めずに、「誰なんだよ」と目で追っていたら、アレが悪びれた様子も無く携帯を手にして普通に電話に出たんです。しかも、「今、スタジオなんだよー。」と声を潜めるでも無く、話しながらスタジオから出て行ったのでした。バターンと閉まるドアの音。
静かに演奏は続いています。

でも、怒るとか呆れるとか、そういう気にはならなかった。(ちょっとは呆れた、かな。)
セッションは程なく終り、皆「、、、、。」といった雰囲気でいたら、やっぱり笑顔で、お茶かなんかを飲みながらアレは戻ってきました。

無邪気にも程が有る。と思いましたね。
[PR]
by katsui06 | 2006-06-23 09:25 | 音楽

フェルナンド・カブサッキ その1

a0073418_9103174.jpg
梅雨ですね。
完全に、梅雨まっただ中。こんな感じの所へ彼らはやってくるんだなー、と思っていたら、アルゼンチンに梅雨は有るのかという疑問が、、、多分無いでしょう。

さて、今回やって来る3人のうち、僕らと最も共演歴が多いフェルナンド・カブサッキについてちょっと書いてみます。

この人は本当にいつでも何処でもギターの練習をしている。朝、起きたら練習。朝食を食べたら、練習。昼飯前に、練習。昼飯を食べたら、、、(以下、略)。
それも修行、という雰囲気よりはただ弾きたいから弾いている、ように見える。実際は修行っぽいニュアンスは多分に有るのかもしれないけれど、そうは見えない。すごく楽しそうに猛練習をしている。しかも、これは彼の人柄なのか、その猛練習ぶりが近寄り難く無い。無理してない感じ、というか多分、本当に無理をしていない。だから、当然ギターがもの凄く上手い。でもそれがまた押し付けがましく無い。

フェルナンド(と、僕は呼びます。)と初めて共演したのは2002年に、ファナ・モリーナ、アレハンドロ・フラノフと一緒に来日した時です。挨拶もそこそこにサウンドチェックをして、さあ、リハーサルという時の事。「この人達はどんな音を出すのだろう」と見守っていると、やはり予想に違わず繊細な、と言うか音数が凄く少ない。で、音も小さい。「そう来たか、それでは」と同じ様にアプローチし始めると「もっと、熱く盛り上がってくれ!」ってフェルナンドが言うんですね。
これには山本精一さんと二人で悩んだ。

勝「熱く盛り上がったら、音量も上がっちゃいますよね。」
山「それはマズイ。彼らの世界観が台無しになる。」
勝「どうすればイイんですかね。」
山「音量を上げずに、音数も増やさずに盛り上がるしかないな。」
勝「、、、、、。」

今ならフェルナンドの伝えたかった事が良く解る。
でも、この時は悩んだ。
「音数も音量も上げずに熱く盛り上がる演奏」への挑戦が、彼らとの共演の第一歩になったのでした。
[PR]
by katsui06 | 2006-06-18 17:16 | 音楽

BLOG開設

今日は。
勝井祐二です。
7月1日から始まる『アルゼンチン音響派スペシャルユニット+山本精一+勝井祐二』ツアーまで、あと2週間!と迫ってきました。
このブログは、「そもそもアルゼンチン音響派とは何なのか?」「何の為にわざわざ日本まで来るのか?」等の基本的な幹になる問題には正面からは立ち向かわずに、このツアーに参加する為にアルゼンチンからやって来る、素晴らしくキャラ立ちしている3人のミュージシャンの人と也を中心に、様々な枝葉の話を書き連ねる事でこの『アルゼンチン音響派スペシャルユニット+山本精一+勝井祐二』ツアーを盛り上げて行きたい、という希望に満ちた期間限定のものです。
よろしくお付き合い下さい。

以下がツアーの詳細です。これは基本データとして押さえておいて下さい。
[PR]
by katsui06 | 2006-06-17 14:32 | 音楽

『アルゼンチン音響派スペシャルユニット+山本精一+勝井祐二』ツアー

■山本精一・勝井祐二+アルゼンチン音響派(フェルナンド・カブサッキ/ サンチャゴ・ヴァスケス/アレハンドロ・フラノフ)スペシャルユニット

7/1(土)東京 アサヒ・アートスクエア
guest: UA
open 18:00/start 19:00
前売 4,200円/当日 4,700円
発売中:P3 art and environment、プランクトン
問:P3 art and environment 03-3353-6866

7/2(日)大阪 新世界BRIDGE
guest: 内橋和久、OORUTAICHI、YTAMO、亀井奈穂子、千住宗臣
open 18:00 /start 19:00
前売 4,200円/当日 4,700円(オーダー別)
発売中:Bridge、プランクトン
問:Bridge 06-6634-0080

7/3(月)広島 CLUB QUATTRO
open 19:00/start 20:00 前売 4,200円/当日 4,700円(1ドリンク別)
発売中:ローソンチケット、チケットぴあ、e+、デオデオ本店プレイガイド、タワーレコード広島店、プランクトン
問:Club Quattro 082-542-2280

7/5(水)京都 磔磔
open 18:00/start 19:00 前売 4,200円/当日 4,700円
発売中:チケットぴあ、磔磔、プランクトン
問:磔磔 075-351-1321

7/6(木)名古屋 TOKUZO
open 18:30/start 19:30 前売 4,200円/当日 4,700円
発売中:チケットぴあ、TOKUZO、プランクトン
問:TOKUZO 052-733-3709

■アルゼンチン音響派+ROVO
ROVOがホストする一夜限りの即興グルーヴナイト!

7/7(金) 東京キネマ倶楽部
19:00開場/20:00開演
前売5,000円/当日5,500円(自由・税込)
発売中:チケットぴあ、タワーレコード渋谷店、プランクトン

●問・予約:プランクトン 03-3498-2881
◎後援: アルゼンチン大使館 ◎協賛: (株)イーストワークスエンターテインメント
◎協力: (有)ワンダーグラウンド・ミュージック/アップリンク 
◎企画制作: (株)プランクトン




[PR]
by katsui06 | 2006-06-17 14:25 | 音楽