最近

10/3は後藤まりこちゃん、山本達久、七尾旅人と下北沢440でライブでした。
まりこちゃん、実は旅人の「百人組手」の時に紹介してもらい、その後連絡して一度二人でスタジオに入って、あの日が逢うの3回目だったのです。
でも、それがお互いに新鮮だったし、面白かったと思う。
素晴らしく素敵な表現者だと思っていた勘は当りました。

七尾旅人は共演回数も多いですが、本当に自由闊達、押し引きの自在な最近のステージはいつ見ても、驚きを更新される心地よさが有りますね。
今、絶好調でしょう。

山本達久も良く一緒に演奏する仲間だけれど、きっちり新しい引き出しを見せて来る。
色んな事を吸収している真っ最中の前向きさに満ちていて、凄い。

自分より年下のこの世代に、新しい発見がいつもあります。
とても嬉しい気持ちになるんですよね。
もっと面白い事が、これから出来るんじゃないかと、そう思っています。

さて、10/9にはSYSTEM7と共演しました。
感無量です。
中学生の頃、スティーブヒレッジの音楽に接触して、大好きでずっと聞いていた。
「Fish Rising」「L」「Motivation Radio」「Green」というアルバムなど。
彼がそのソロ活動の前にやっていたGONGの3部作もすぐに追いかけ、そこからGONG Familyとしてのマテリアルとか、色んなものが別な経路で繋がったりして行った。
90年代以降はSYSTEM7として大活躍しているのも追っていましたが、そのうちに日本の野外フェスで一緒になったのです、ROVOと。
なんと、それをスティーブとミケットが観ていた。

で、いろいろ巡って彼らが30数年ぶりに古巣のGONGに戻って再結成アルバムを作る時に、声をかけてくれたのです。

去年の春に録音に参加。
夏、フジロック初日にGONG、SYSTEM7、で参加した彼らがわざわざ3日目のROVOを観るために残った。
それで、昨日のセッションに至りました。
何とも、生きているとこういうことも有るのですね。

自分の表現は、前から受け取ったバトンを受け渡していくという意味もある。
そんな気もします。
[PR]
by katsui06 | 2010-10-11 01:28
<< ROVOニューアルバム「RAV... 最近は >>