人気ブログランキング |

<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

サンティアゴ・ヴァスケス その1

a0073418_0475466.jpg
やっと、ここまで来ました。サンティアゴの番。
素晴らしいプレイヤーですよ。音色の選び方のセンス、ここぞというタイミングで絶妙なアプローチで入って来る判断と瞬発力、それを支えるテクニックと知識。
アメリカの音楽大学で音楽理論を学んだというインテリでも有ります。しかも、かなりのハンサム・ガイ。更にサンティアゴは、かなり裕福な家で育ったらしくて、立ち振る舞いにも品があります。
クールな2枚目の、、と思っていたんですが、ついさっきまで、、、。

実はさっき、3人に会って、一緒に食事をしてきました。
おおーっ!!!遂に来たかーっ!!!
元気だったか?などと近況を尋ね合い、飯喰いに行こう、と歩き出したら、後ろからそれは聞えて来た。

「ッゲッゲッゲ ポワーン ポワーン クワッ クワッ ッゲッゲッゲ ダガデガダガガ ダガダ ポッポ ンポッポ」

アレとサンティ(今日からそう呼ぶ事にしました。)がユニゾンで大声で歌っている。
勝「なにそれは?」
カブ「彼らのニューソングだそうだ。」
クールな2枚目の、、、ニューソングがこれか、、、。

お店について、飲み物が来て、サンティが言いました。
「ボンサーイ」
全員「カンパーイだろっ!!」


さて、明日からがツアーの始まりです。
楽しみでしょうがない。

皆様、よろしくお願いします。
by katsui06 | 2006-06-30 23:45

アレハンドロ その2

a0073418_1748331.jpg
タイトルは「2週間」ですが、もう1週間を切っています。
もうすぐ、ですね。

さて、アレハンドロ(とも、呼びます。)は、スタジオのセッションの最中でも、ライヴ中でも、マテ茶のセットを常に傍らに置いています。これは、アルゼンチンの人の習慣としては珍しく無いはずです。ブエノスではホームレスまで自分のマテ茶セットを持っているのを、見ました。
さらにアレハンドロは何かビニール袋から取り出して、食べている。
「何だろう?」と覗き込むと、「ん!」と一粒くれるんです。
何でしょうねあれは。八角っぽい味の、グミみたいなものなんですが。
これが、結構美味しい。
で、それをライヴの最中も食べていました。もちろん、天使のような笑顔で。

あれ、持って来るのかなー。
もし、アレハンドロがそれを持って食べているのを見かけたら、笑いかけてみて下さい。きっとくれると思いますよ。
by katsui06 | 2006-06-27 17:48 | 音楽

アレハンドロ・フラノフ その1

a0073418_9261359.jpg
アレ(と、僕は呼びます。)と会ったのはフェルナンド、ファナ、との3人での、2002年の初来日の時です。何度か一緒に演奏したり、食事をしたり、一緒に過ごす時間が有ったのですが、とにかく笑っているという印象が強く残っている。と言うか、それに尽きるんですね。笑う、と言ってもいつも爆笑しているとか、騒々しい感じではなく、微笑んでいる。もの凄くキラキラした澄んだ目でニッコリとこちらを見ている。とにかく黙って微笑みかけている、天使か妖精のような笑顔で。

と思っていて、後で考えたらその時のアレは英語がほとんど話せなかったんです。
イエス、ノーとサンキューくらいしか解らない。だから黙って笑っているしか無かったのかと思っていたら、半分はそうで、半分は違っていたという事が昨年僕らがブエノスアイレスに行ってわかったんです。
2年振りに再会したアレは(2003年のファナ再来日にも同行していた)、英語が話せる様に成っていた。するとね、よく喋るんです。でも、あの天使のような笑顔は変わらない、どころか、その妖精っぷりが炸裂している。

スタジオで、フェルナンド、サンティアゴ、アレ、モノと山本さんとのセッションの時。
即興でのあるセッションは1時間にも及び、全員の音の会話がようやく収束に向かっている事を感じながら、静かに静かに終っていこうとしている緊張感を皆が感じている。その時、携帯電話が大きな音で鳴り出した。全員、驚きながらも演奏は止めずに、「誰なんだよ」と目で追っていたら、アレが悪びれた様子も無く携帯を手にして普通に電話に出たんです。しかも、「今、スタジオなんだよー。」と声を潜めるでも無く、話しながらスタジオから出て行ったのでした。バターンと閉まるドアの音。
静かに演奏は続いています。

でも、怒るとか呆れるとか、そういう気にはならなかった。(ちょっとは呆れた、かな。)
セッションは程なく終り、皆「、、、、。」といった雰囲気でいたら、やっぱり笑顔で、お茶かなんかを飲みながらアレは戻ってきました。

無邪気にも程が有る。と思いましたね。
by katsui06 | 2006-06-23 09:25 | 音楽

フェルナンド・カブサッキ その2

a0073418_9131491.jpg

フェルナンドは、僕の友人の在日日系米国出身シンガーソングライター、ユウジオニキの最新アルバム「WOODSTOCK」にも参加しています。
a0073418_2045097.jpg
by katsui06 | 2006-06-20 20:46

フェルナンド・カブサッキ その1

a0073418_9103174.jpg
梅雨ですね。
完全に、梅雨まっただ中。こんな感じの所へ彼らはやってくるんだなー、と思っていたら、アルゼンチンに梅雨は有るのかという疑問が、、、多分無いでしょう。

さて、今回やって来る3人のうち、僕らと最も共演歴が多いフェルナンド・カブサッキについてちょっと書いてみます。

この人は本当にいつでも何処でもギターの練習をしている。朝、起きたら練習。朝食を食べたら、練習。昼飯前に、練習。昼飯を食べたら、、、(以下、略)。
それも修行、という雰囲気よりはただ弾きたいから弾いている、ように見える。実際は修行っぽいニュアンスは多分に有るのかもしれないけれど、そうは見えない。すごく楽しそうに猛練習をしている。しかも、これは彼の人柄なのか、その猛練習ぶりが近寄り難く無い。無理してない感じ、というか多分、本当に無理をしていない。だから、当然ギターがもの凄く上手い。でもそれがまた押し付けがましく無い。

フェルナンド(と、僕は呼びます。)と初めて共演したのは2002年に、ファナ・モリーナ、アレハンドロ・フラノフと一緒に来日した時です。挨拶もそこそこにサウンドチェックをして、さあ、リハーサルという時の事。「この人達はどんな音を出すのだろう」と見守っていると、やはり予想に違わず繊細な、と言うか音数が凄く少ない。で、音も小さい。「そう来たか、それでは」と同じ様にアプローチし始めると「もっと、熱く盛り上がってくれ!」ってフェルナンドが言うんですね。
これには山本精一さんと二人で悩んだ。

勝「熱く盛り上がったら、音量も上がっちゃいますよね。」
山「それはマズイ。彼らの世界観が台無しになる。」
勝「どうすればイイんですかね。」
山「音量を上げずに、音数も増やさずに盛り上がるしかないな。」
勝「、、、、、。」

今ならフェルナンドの伝えたかった事が良く解る。
でも、この時は悩んだ。
「音数も音量も上げずに熱く盛り上がる演奏」への挑戦が、彼らとの共演の第一歩になったのでした。
by katsui06 | 2006-06-18 17:16 | 音楽

BLOG開設

今日は。
勝井祐二です。
7月1日から始まる『アルゼンチン音響派スペシャルユニット+山本精一+勝井祐二』ツアーまで、あと2週間!と迫ってきました。
このブログは、「そもそもアルゼンチン音響派とは何なのか?」「何の為にわざわざ日本まで来るのか?」等の基本的な幹になる問題には正面からは立ち向かわずに、このツアーに参加する為にアルゼンチンからやって来る、素晴らしくキャラ立ちしている3人のミュージシャンの人と也を中心に、様々な枝葉の話を書き連ねる事でこの『アルゼンチン音響派スペシャルユニット+山本精一+勝井祐二』ツアーを盛り上げて行きたい、という希望に満ちた期間限定のものです。
よろしくお付き合い下さい。

以下がツアーの詳細です。これは基本データとして押さえておいて下さい。
by katsui06 | 2006-06-17 14:32 | 音楽

『アルゼンチン音響派スペシャルユニット+山本精一+勝井祐二』ツアー

■山本精一・勝井祐二+アルゼンチン音響派(フェルナンド・カブサッキ/ サンチャゴ・ヴァスケス/アレハンドロ・フラノフ)スペシャルユニット

7/1(土)東京 アサヒ・アートスクエア
guest: UA
open 18:00/start 19:00
前売 4,200円/当日 4,700円
発売中:P3 art and environment、プランクトン
問:P3 art and environment 03-3353-6866

7/2(日)大阪 新世界BRIDGE
guest: 内橋和久、OORUTAICHI、YTAMO、亀井奈穂子、千住宗臣
open 18:00 /start 19:00
前売 4,200円/当日 4,700円(オーダー別)
発売中:Bridge、プランクトン
問:Bridge 06-6634-0080

7/3(月)広島 CLUB QUATTRO
open 19:00/start 20:00 前売 4,200円/当日 4,700円(1ドリンク別)
発売中:ローソンチケット、チケットぴあ、e+、デオデオ本店プレイガイド、タワーレコード広島店、プランクトン
問:Club Quattro 082-542-2280

7/5(水)京都 磔磔
open 18:00/start 19:00 前売 4,200円/当日 4,700円
発売中:チケットぴあ、磔磔、プランクトン
問:磔磔 075-351-1321

7/6(木)名古屋 TOKUZO
open 18:30/start 19:30 前売 4,200円/当日 4,700円
発売中:チケットぴあ、TOKUZO、プランクトン
問:TOKUZO 052-733-3709

■アルゼンチン音響派+ROVO
ROVOがホストする一夜限りの即興グルーヴナイト!

7/7(金) 東京キネマ倶楽部
19:00開場/20:00開演
前売5,000円/当日5,500円(自由・税込)
発売中:チケットぴあ、タワーレコード渋谷店、プランクトン

●問・予約:プランクトン 03-3498-2881
◎後援: アルゼンチン大使館 ◎協賛: (株)イーストワークスエンターテインメント
◎協力: (有)ワンダーグラウンド・ミュージック/アップリンク 
◎企画制作: (株)プランクトン




by katsui06 | 2006-06-17 14:25 | 音楽